歯周病と糖尿病は関係があることをご存知ですか

中高年、さらに高齢にになってくると、歯の悩みも増えてきます。特に歯周病もその悩みの1つです。
歯周病は歯茎の間にある溝で、歯周病菌が繁殖してしまい、その結果発症してしまうのです。

歯周病の症状は

歯周病になってしまうと、歯茎が腫れたり、炎症を起こしてしまいます。さらに食べ物を食べたときなどに、歯茎から出血してしまうこともあります。さらに歯周病になると、口臭がひどくなってしまったりもします。

もしも、口臭の悩みや出血があると言う人は歯医者さんにみてもらった方がいいでしょう。早めの治療が大切です。

歯周病と糖尿病の関係とは

歯周病と聞くと、歯に関する病気であり、糖尿病と何らかの関係があるとは思っている人は少ないかもしれません。

しかし、実は歯周病と糖尿病は、お互いに作用しあっていることがわかってきています。

まず、糖尿病になると体への影響が血管はもちろん、神経にも及んできます。さらに唾液の分泌にも影響を及ぼしてしまい、その量を減らしてしまうのです。唾液がへると、逆に歯周病菌が増えてしまいます。すると、歯茎や歯肉が腫れたり炎症を起こすようになってしまうのです。

また、糖尿病になることで免疫能力の低下も起こしやすなります。そのため、病気になりやすかったり、菌への抵抗がおちてしまいます。すると、歯周病菌が繁殖してしやすい状況となってしまうのです。

歯周病治療が糖尿病治療に

医療現場の研究やデータによると、歯周病の治療を進めていくうちに、血糖値が改善されていくこともわかってきたのです。
歯周病が実は血糖値を下げるインスリンの生成を阻害してもいたのです。

そこで歯周病を治療していくとインスリンも正常の量となっていき、血糖値が下がり、糖尿病改善へと繋がっていくというのです。

治療を進めることが

歯周病と糖尿病のどちらにかかった、速やかに治療していくことが、もう片方の治療に繋がることも覚えておきましょう。

関連する記事